製品情報ソリューション会社概要
ロケーション:
MAXHUB V5 Transcend
電子カタログDownload
MAXHUB V5トランスエンド
48MPカメラ搭載で快適なビデオ会議を実現。MAXHUB v5トランスエンドシリーズ
先進技術がもたらす、至福の体験。 その開発は、テクノロジーの進化を追求するために。

インタラクティブホワイトボード(電子黒板)
V5 トランスエンド

特徴
ビデオ会議
• 4800 W HDRフリップオーバーカメラ
• 新型シームスピーカー
• AGCと音声ローカリゼーション機能を 搭載した6アレイマイク
書き味
• アクティブP-Capタッチ
• 4096レベルの圧力感度
• タッチ高さ0 mm
• 筆記ペン
ディスプレイ
• 光ボンディング技術
• 画面対本体の比率が91.27%のフルエッジスクリーン
• 17.8 mm超薄型
• 4K UHDディスプレイ
• 3表示モード
プレゼンテーション
パフォーマンス
Android 9.0/Windows 10対応
拡張性
内蔵Type-Cコネクタ
01
ビデオ会議
新世代の48MPフリップオーバーカメラ。それは2つのセキュリティとパフォーマンスのために。
48MPカメラを搭載したMAXHUBトランスエンドシリーズ。
会議用パネルに初の回転カメラを採用しており、アイドル状態にしたままでも参加者のプライバシーを守ります。
ビデオ会議アプリケーションを起動すると、フリップオーバーカメラが自動的に上昇し、画像のキャプチャが開始。
アイドル状態のままにしておくと、カメラは画面の後ろに隠れます。
4800 W反転カメラ | WDR調整
AIサウンドのローカリーゼーション
6アレイマイク、8 mの収音範囲、定位技術を搭載し、隅からでも前方からでも正確に収音できます。
また、発表者がマイクアレイからどれだけ離れているかに応じて、
スピーカーの音量を適切なレベルに調整するAGC (オートゲイン技術)機能も搭載。
2.1ステレオサウンドで印象に残るステレオ効果を実現します。
6アレイマイクロホン | 音源定位 | AGC (自動利得制御) | 2.1ステレオサウンドシステム
かつてないシームスピーカー。それは究極の美学。
MAXHUBは、音響構造設計の常識を打ち破ります。高音質を維持しながら、スピーカーの継ぎ目を狭く設計。
40 Wの高出力スピーカーとさらに向上したオーディオアルゴリズムにより、
プロフェッショナルなスタジオ品質のようなオーディオ体験を実現しました。
2.1ステレオサウンドシステム | 40 Wハイパワースピーカー
02
書き味
アクティブキャパシティブタッチ。それは、正確な注釈とアイデアのために。
1年間にわたる研究により、MAXHUB RDチームは、プロレベルのライティング体験を
実現するアクティブキャパシティブシングルタッチテクノロジーの採用に成功しました。
ペンハンドセパレーション、高描画精度、4096レベルまでの筆圧感知を実現することで、
最も自然な描画・注釈を記入することができます。
アクティブP-Capタッチ | 4096レベルの圧力感度 | タッチ高さ0 mm | 筆記ペン
03
ディスプレイ
光ボンディングテクノロジーとフルエッジスクリーン。それは、驚異的なビジュアル体験。
V5トランスエンドモデルはX3アルティメットモデルに比べて、まったく新しいレベルに向上。
画面対本体比率が高くなり、超薄型設計になっています。また光の屈折による視差を小さくし、
鮮明な画像品質を回復するために光ボンディング技術を採用。
超滑らかなアンチグレアガラスを搭載し、スクリーンに照明を当てるだけで、これまでにない没入感を体験できます。
光ボンディング技術 | 画面対本体の比率が91.27%のフルエッジスクリーン
17.8 mm超薄型 | 4K UHDディスプレイ
プレゼンテーションモード
• デザイン評価、ビデオ再生用
• 高彩度
標準モード
• 会議用
• 無彩色
目の保護モード
• 長時間の操作と表示用
• 淡色
新しい3つのディスプレイモード。すべての会議ニーズを満たすために。
会議のニーズに応えるために、表示モードを3つに増やしました。
グラフィックデザインやビデオ作品の正確な色を表示できるだけでなく、
長い会議時間による目の疲れを軽減することもできます。
04
プレゼンテーション
4Kワイヤレス画面共有、
無限のコラボレーション
• ケーブル接続なし
• 反転コントロール
• 最大4画面の共有
4Kワイヤレス画面共有。それは、無限のコンテンツ共有のために。
チームと情報を瞬時に共有する方法は?パソコン、スマートフフォン、タブレットなど個人用のデバイスをパネルにすばやく接続し、
4Kビデオや画像を共有できるようになりました。さらに進化した画面共有機能は、ページめくり、パネル上での直接の注釈をサポート。
プレゼンテーションを中断する面倒がなく、パネルと座席を行き来する手間が省けます。
また4人までの同時画面共有ができ、相互のコミュニケーションに便利です。
05
パフォーマンス
パフォーマンスの向上。それは、インテリジェントな会議の成功ために。
高性能なAndroid 9.0システムを導入することで、スムーズで安定した会議体験をもたらします。
プラグイン可能なOPS設計により、必要なメンテナンスとアップグレードが簡単に行えます。
拡張性と互換性に優れたシステムが、いまある社内システムとの統合をサポートします。
Android 9.0/Windows 10対応 | インテルCore i 7までサポート
サードパーティ製アプリケーションのインストールをサポート
06
拡張性
フル機能Type-C。それは、デバイスを超えた無限の対話のために。
信号源統合技術を採用することにより、Type-Cは複数の信号源を統合。
種類の多いケーブル間のスイッチングをなくしました。スマートフォン、パソコン、
タブレットからのビデオ、オーディオ、USB信号は、簡単にパネルとつなげることができます。
パソコンからビデオ会議を開始すると、Type-Cを接続するだけでパネルカメラ、マイク、スピーカーフォンにアクセス可能。
会議室のすべての参加者をビデオ会議に含めることができるよう、部屋全体のオーディオとスピーカー、
そして広角カメラによる臨場感あふれる映像体験を実現します。
製 品
ソリューション
会社概要